めんたいが音楽でVRを生き抜くブログ

SONYの定番機MDR-CD900STとMDR-7506を比較してみた

SONYの定番機MDR-CD900STとMDR-7506を比較してみた

どうも、からし明太子(@karashi_mentaik)です。

今回はDTMerなら誰もが聞いたことのある「SONY MDR-CD900ST」(以下900ST)と「MDR-7506」(以下7506)を比較してみました。

スポンサーリンク

それぞれのヘッドフォンの紹介

SONY MDR-CD900ST


言わずと知れたモニターイヤホンの定番。日本中のスタジオで最も使われている名機です。アーティストの録音映像で見ることも多いですね。側面の赤色ラベルが目印。
SONY MDR-CD900STは、世界最先端技術を誇るソニーと、洗練・熟知された音創りの感性とノウハウを持つソニー・ミュージックエンタテインメントとの共同開発によって生み出された完全プロフェッショナル仕様のスタジオモニターヘッドホンです。

SONY MDR-7506


こちらも有名なスタジオモニター。見かけはほぼ同じですがヘッドフォンとしては完全に別物です。こっちは青色のラベルが目印。

発売以来、世界中で大人気!折りたたみ可能。動きの激しい方でもぴったりフィットする装着感はGOOD!カールコード。900STよりの柔らかい音色でやや膨らみのある低音が特徴的。

徹底比較3本勝負

比較その1「音質」

900STは『粗探し用』モニター

900STは音の解像度が高く、録音した音の粗探しによく使っています。「どんな音がどこからどうやって出ているのか」を確認するには最適です。ボーカルの録音時に使っています。

反面リスニング用には向いておらず、音が尖って聞こえるため聴き疲れしやすいです。音の特性として、低音があまり出ないため高音が残りシャリシャリとした印象を受けました。

7506は『リスニングにも使える』モニター

対して7506は音の解像度において900STには及びませんが、それでも十分なレベル。低音がしっかりと鳴り、長時間聞いても疲れにくい音になっています。

ベースや電子ドラムの練習に使ったり、EDMやポップス、ジャズやクラシックを聴いたりあらゆる場面で使っています。『万能ヘッドフォン』の名にふさわしい活躍をしてくれています。

比較その2「機能性」

7506のメリット&デメリット

900STはストレートケーブル、7506はカールケーブルを採用しています。更に7506にはキャリングポーチや変換アダプターが付属しているため、携帯機器で音楽を聞いたり、DJモニターとして利用したり…多くの使い道がありそうですね。

どちらも個別のパーツ販売を行っているため、メンテナンスの部分では互角ですが、7506は折りたたんでコンパクトに出来る分900STよりも少し重いです。

900ST純正のイヤーパッドは薄い

900STのイヤーパッドは薄いため耳が痛くなりやすいです。あえて7506用のイヤーパッドを付けて使っていますが、音も中低音側にシフトしてちょうど良い音になったのでそのまま使っています。

比較その3「価格」

サウンドハウスで比べてみると900STが15,000円、7506が約10,000円ですね。900STも元々2万円くらいの価格だったんですが、流石はサウンドハウス…。

まとめ

今回SONYの定番機を比べてみましたが、見かけは似ていてもキャラクターや用途は別物であると感じました。

両方持っている僕も「7506は長時間作業をする用、900STは録音時やミックス時に粗を探す用」というイメージで使っています。どちらが良い、悪いという話ではなく使い分けています。

これからモニターヘッドフォンを買おうと思っている方は、まず7506を買ってSONYのモニターに触れてみてより細かな音にこだわり始めたら900STを買うのがベストです。

スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

コメントを残す

*
DigiPress

Return Top