めんたいが音楽でVRを生き抜くブログ

【初心者向け】目的別「DAWの選び方」

【初心者向け】目的別「DAWの選び方」

どうも、からし明太子(@karashi_mentaik)です。

曲を作りたい!DTMを始めたい!と思ったときに最初に出会う「DAWって何があるの?どう違うの?」という疑問に答えたいと思います。

※あくまでも個人的な意見なので、参考程度に留めて下さい。

スポンサーリンク

「 初心者におすすめのDAW」は無い

はっきり言って「初心者でも扱いやすくておすすめのDAW」はありません。ソフト自体で出来ることはどのメーカーも大筋は一緒。あとはその画面のレイアウトや操作方法、追加の機能によってどれが一番自分に向いているか?を探すほうが一番早いです。

iOSなら「Garage Band」をまず使ってみよう

f:id:tetsu_9310:20181002114656j:plain

もしも手元にiPhoneやiPad、Mac等iOS機器があれば、まずGarage Bandを触ってみましょう。内蔵の楽器で音を鳴らしてみたり、ギターを録音したり、楽器を重ねてみたり…大体のことは出来ます。ここから「自分が何をやりたいのか」「何が足りないのか」を意識した上で、使うDAWソフトを選べば良いと考えます。

フリーソフト&体験版を試してみる

ネット上で「DTM フリーソフト」とか「DAW 体験版」とか調べてみると色々なメーカーの体験版が出てきたと思います。まずは体験版を試してみて、各メーカーのクセを掴みましょう。中でもオススメはCubase 体験版Studio One primeあたり。使っているユーザー数が多いことと、オールラウンドに使える点がメリットです。

目的別DAW解説

バンドのギター&ベース担当でオリジナル曲のデモを作りたい!

「Cubase」オールラウンドさで選ぶなら
スタインバーグ Steinberg DAWソフトウェア CUBASE PRO 10.5 通常版 CUBASE PRO/R 最先端のミックス機能 80種類のオーディオエフェクト搭載

「オススメのDAWは?」と聞かれたらまず挙がるCubase。とにかく出来ることが多いです。VSTと呼ばれるプラグインの規格を考えたメーカーであり、音源やエフェクトの安定性が高いのが特徴。

レコーディングスタジオでの普及率もProtoolsに並んで高く、ファイルの共有や困ったときに相談しやすいという意味でもオススメです。

アコースティックからバンドもの、オーケストラ系やEDMなどジャンルを問わず作りやすい反面、出来ることが多すぎるので分からないことが生まれやすい、というデメリットもあります。

「Studio One」お手軽&分かりやすさで選ぶなら
PreSonus DAWソフトウェア Studio One 4 Professional 日本語版(ボックス)

Cubaseの制作チームから「より分かりやすいDAWを作ろう」と開発者がSteinberg社を離れて制作されたDAWソフト。Cubaseからややこしい部分が削ぎ落とされたような使い勝手となり、Cubaseに不満を持っていたユーザーが多く乗り換えています。

基本はCubaseと似ていますが細かな部分でStudio Oneにしかない機能が見られます。後発メーカーのため、まだまだ不具合も多いですがこれからが楽しみなところです。

無料で使える「Studio One Prime」は無料とは思えない程高機能なので、一度試してみてください。

www.mi7.co.jp

楽器は弾けない!けどダンスミュージックが作りたい

「FL Studio」ダンスミュージックの定番
Image-Line Software FL STUDIO 20 Signature EDM向け音楽制作用DAW Mac/Windows対応【国内正規品】

www.image-line.com

かわいいFL-Chanでおなじみ(?)のFL Studio。付属の音源やサンプルがモロにダンスミュージック向けになっており、ドラムの打ち込みやエフェクトの加工がしやすいよう工夫されたGUIになっています。

付属シンセ「Sytrus」の音作りの幅が広く、FL Studioだけで完結したトラックメイクが可能。banvoxさんが使用していることでも有名になりました。しかし、画面のレイアウトが他メーカーと比べて少し分かりづらい印象。慣れてしまえば問題は無さそう。

「LIVE」ループ素材、リミックスメインなら
Ableton Live10 Standard 通常版 【メール納品 代引き不可】 エイブルトン

www.ableton.com

Ableton LiveはDJやリミキサーにおすすめしたいDAWです。他メーカーにない「セッションビュー」という機能があり、マスに並べられたループ素材を重ねながらリアルタイムに曲を展開出来ます。

オーディオループを主とした楽曲制作にピッタリで、直感的な操作でダンスミュージックを作りたいならイチオシです。簡易的なDJにも使えるので、まさにLIVE向け。GUIも簡素で分かりやすい反面、一つの画面の情報量が多くなり見づらいのが難点。

「Reason」ちょっと特殊な面白いヤツ
propellerhead プロペラヘッド 音楽制作ソフト Reason 10

www.propellerheads.se

みんなが使ってるソフトは嫌!自分にしか出せない音を出したいという方にはReasonがおすすめです。

他のDAWは「音を並べて曲を作る」という考え方なのに対し、Reasonは「バーチャル・ラック・システム」というラックに連ねた音源を自由に繋ぎあわせて曲を作るという考え方で制作されています。Reason自体が一つの楽器のようなイメージ。

Reason 10になり外部のソフト音源にも対応しましたが、基本は独自規格のラック音源を使います。音源がメインでエフェクトや細かな編集は少し苦手かも。

歌を歌うのが好き!でも作曲は全然分からん

「ABILITY」歌うだけでメロディが完成!
ABILITY 3.0 Pro

www.ssw.co.jp

国産の古参DAW、ABILITY。以前はSinger Song Writerという名前で販売されていました。ボーカルのハモリや編集に特化しており、ボーカリストにおすすめです。

作曲&アレンジ機能を使うことで音楽の知識が無くても自動で伴奏が作成可能。また、MIDIシーケンサー的な「打ち込み」の細かな編集やVOCALOIDとの連携など使い勝手の良さが光ります。

付属のプラグインも有名なメーカーのものが同梱していますが、打ち込みを行うピアノロールが少し使いづらい印象。Macに非対応な点も痛いです。

「Band-in-a-Box」自動アレンジ機能がスゴい
PGmusic Band in a Box 27 Windows版 MegaPAK バンドインアボックス 自動作曲ソフト PGミュージック

TOP | Band-in-a-Box 日本公式サイト

作曲全然わからん!という人には自動作曲ソフトがおすすめ。コードやテンポを選んで、曲の雰囲気を選べばあっという間に曲が出来ます。

グレードによって差はありますが、音も高品質でバランスもいいです。「これから作曲を始めたい」という方におすすめですが、あくまでも自動作曲ソフトのため、細かな編集はできません。他のDAWソフトの補助ツールとしての活用が現実的です。

レコーディング&ライブがメイン!自宅で作り込まない派

「Protools」現場で活躍、規格に難あり。
Pro Tools with Annual Upgrade (Card)永続ライセンス+年間アップグレード権

www.avid.com

名前から高級感漂う「Protools」。元々はスタジオのレコーディングに多く用いられていたソフトです。オーディオの編集に特化していたのですが、バージョンアップによって作曲やアレンジにも他のソフトと比べ遜色ないレベルまで進化しています。

どのレコーディングスタジオにもほぼ導入されているソフトなので、デモトラックを持って行きやすいのが最大のメリット。逆に言えばエンジニアさんの作業をほぼそのまま家に持って帰れるわけです。

しかし、音源やエフェクトに独自の「AAX」という規格を採用しているため、最も種類の多いVST規格のプラグインが基本使えません。音を作り込まないか、独自規格に対応した市販製品を揃えるかどちらかの方法が必要になります。

「Finale」楽譜制作メインなら
MakeMusic メイクミュージック 楽譜作成ソフト フィナーレ Finale 26

www.finalemusic.jp

Finaleは世界で最も利用されている楽譜制作ソフト。楽譜にそのまま書き込む感覚で楽曲制作が可能です。

楽譜に慣れているとDAWソフトのピアノロールは正直見づらい。整ったレイアウトで違和感なくビアノ譜やオーケストラの大編成などの楽譜作成が行なえ、そのまま印刷することが出来ます。

ただし、あくまで楽譜制作ソフトのためエフェクトを編集したり細かな音源の変更やバランスの調整は行なえません。 生演奏が主体だったり楽譜制作を重要視される環境なら持っておきたいソフトです。

まとめ

それぞれのDAWやその他補助ソフトをご紹介しました。細かな製品の仕様については各メーカーさんにお任せするとして、大まかな違いを知ったり、ご自身に合ったソフトを見つけて頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

  • コメント ( 1 )
  • トラックバック ( 0 )

コメントを残す

*
DigiPress

Return Top